Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takoyaki83.blog38.fc2.com/tb.php/58-ad9228db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画「MW-ムウ」初日舞台挨拶
オリコンスタイル

山田孝之、玉木宏との“親密演技”に「振り回されました」

 手塚治虫の漫画が原作の映画『MW-ムウ―』(岩本仁志監督)が4日、公開初日を迎え、東京・丸の内ルーブルにてキャスト・監督による舞台あいさつが行われた。主演の俳優・玉木宏は新作映画の撮影のためヨーロッパに長期滞在中で欠席。代わりに舞台を盛り上げたのは共演の俳優・山田孝之で、劇中でも玉木が演じた結城美智雄の悪事に振り回される神父役を演じており、「(撮影は)大変でした。みんな結城に振り回されました」とあいさつ。玉木との共演を「親密な関係性が伝わるように演じました。玉木さん、かっこいいなー、いいなーと自分の気持ちを盛り上げて演じました」と絶賛し観客の笑いを誘った。

 山田は玉木について「かっこよかったです。顔と背も大きいし、声もいい声だし、いたずら好きでカワイイところもあって、すごく良い男ですね」とべた褒め。共演の山下リオも「玉木さんはお兄ちゃんのようで、かっこよかった」。一方、山田については「すごく優しい方で、見習いところがたくさんがありました」と話した。また、石田ゆり子は映画の見どころとして「社交的な玉木くんと人見知りする山田くんのコントラストを楽しんでほしい」と語った。

 舞台では事前に収録した玉木のビデオレターが上映され「いままでのイメージを壊したいと思っていて、悪役にチャンレンジしたかった。見たことのなかった僕の姿を見ることができると思います」とメッセージを送った。

 最後に山田は「玉木さんもかっこいいし、映像もかっこいいし、メッセージ性も強い作品だと僕は思いました。いろんなことを考えるきかっけになる作品になると思います」と作品をしっかりアピール。舞台あいさつの“主役”を見事、務め上げていた。

オリコンスタイル 2009年7月4日
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/67427/full/
スポンサーサイト

映画「MW-ムウ」初日舞台挨拶、の記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takoyaki83.blog38.fc2.com/tb.php/58-ad9228db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。