Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takoyaki83.blog38.fc2.com/tb.php/53-28cca4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画「MW-ムウ」初日舞台挨拶
毎日新聞

山田孝之:玉木宏にベタぼれ「すごくいい男」 映画「MW-ムウ-」舞台あいさつ

 故手塚治虫さん原作の映画「MW-ムウ-」(岩本仁志監督)の初日舞台あいさつが4日、東京都内の映画館であり、主演の山田孝之さん(25)や女優の山下リオさん(16)、岩本監督らが登場した。山田さんは同じく主演を務めた玉木宏さん(29)について「かっこいいっす。顔と背も高いし、いい声だし、いたずら好きでかわいいところもあって。すごくいい男ですね」とベタぼれだった。

 「MW」は76年9月~78年1月、「ビッグコミック」(小学館)で連載されたマンガが原作。玉木さんと山田さんは、ある島で島民全員が虐殺される事件で奇跡的に生き残り、深い絆(きずな)で結ばれる2人を演じている。山田さんは「(玉木さんと)親密さが伝わるように、玉木さんを『かっこいいな。いいなあ』と(思いながら気持ちを)盛り上げてました」と撮影を振り返った。 

 また、舞台あいさつに欠席した玉木さんはビデオでメッセージを寄せ、「今までの(自身の)イメージを壊したいなと思っていて、悪役にチャレンジしたかった。みなさんが見たことのなかった僕の姿が見られると思う」と新境地に自信を見せた。

 16年前、ある島で島民全員が虐殺される事件が発生。政府によって隠ぺいされるが、奇跡的に2人の少年が生き残る。そのうちの一人、結城美智雄(玉木さん)は、冷酷な殺人鬼となって事件の報復と世界の滅亡をたくらみ、もう一人の賀来裕太郎(山田さん)は、神父となり、結城の犯行を阻止し、救済しようと苦悩する……というストーリー。岩本監督は玉木さんと山田さんについて「2人とも難しい役どころだったけど、マンガとくらべても遜色(そんしょく)のない存在感を出してくれたと思う」と演技に満足していた。【内田剛樹】

毎日新聞 2009年7月4日
http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20090704mog00m200012000c.html
スポンサーサイト

映画「MW-ムウ」初日舞台挨拶、の記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takoyaki83.blog38.fc2.com/tb.php/53-28cca4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。